2017年04月26日

ジプシーキングス来日

4月24日(月)
ジプシーキングス公演へ。
大阪肥後橋 フェルティバルホールへ。
新生フェスティバルホールは、3度目だ。
1−同じくジプシーキングス2015年秋
2−ボブ・ディラン2016年
3−ジプシーキングス

昔の建物の時から、ロビーではシャンパンが飲めるようになっている。
今も1,000円
必ず飲んでいる。
でもジプシーキングスは、ビールの方が似合うけれど。
IMG_2793[1].JPG

ジョビジョバから始まり、パッション、モンターンニャ、パッションなど。
リードヴォーカルといっていいのか、カンテといっていいのか、は、ニコラ・レイエス
ギターは、トニーノ・バリアルド。
でも、オジサンだ。
昔のCDジャケットからすると。

中休みの後、
インスピレーション、(鬼平犯科帳より)
ホテルカリフォルニア 
そして、私の大好きな TAMPA(インストゥルメンタル)
CDの中の1曲なのに、私の心を見透かしているのか?
哀愁あふれる、そしてかわいい曲。
マイウェイ(ミ・マネーラ)は、アカペラで。
BAMBOLEO や、 Vamos a bailarではノリまくり。
何だかんだいっても、私の中年以降はジプシーキングス、ラテン、フラメンコ、ルンバ、ブレリア
で、生活は成り立っているのだから。

GIPSY KINGS
を感じられる幸せ。

IMG_2788[1].JPG






posted by asti at 01:29| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

astiのお花見 その3

4月16日(日)

イースターである。
もちろん、教会へ行く。
教会付近でも桜が満開。
夙川である。

そして、帰りは何をしようか?
そうだ、昼の造幣局は?
先日、つぼみばかりであったので、それもいいかな。
昼の通り抜け・・・・・
学生時代以来である。
夜に行くものとばかり思っていたので。
(ルミナリエとは違うよ。)
暑い!
25℃もある。
先日とは訳が違う。

しかし、天満橋で降りて驚く!
夜の2倍以上人がいるのだ。
駅から、人!人!
昼の方が人が来るものなのか、今日は日曜日だからなのか、終わりから2番目の日だからなのか?

それでも入場してみる。
人が多すぎる!
将棋倒し事故にでもなったらどうしよう。
でも、木曜日につぼみだった木は、満開とは行かないでも、
花を咲かせていた。
やはりつぼみばかりというのも、寂しすぎた。
ひとまず、通り抜ける。
昼の方が、花の色がはっきりわかっていいかもしれない。
しかし、花見ならず、人見とは?

IMG_2753[1].JPG











posted by asti at 01:14| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

astiのお花見 その2

4月15日(土)
今日は、団体でのイベント参加。
フラメンコ教室のメンバー総勢30数名のバス旅行である。
フラメンコそのものに直接関連はないが・・・
(間接的には大いにある。以前、この町でライブを行ったご縁だそうな。)
主宰のT氏の6?歳のお誕生日のイベントである。

兵庫県養父市大屋。
今までいったことがない。
町おこしは木彫り。
そして、もちろん桜もである。
IMG_2658[1].JPG

盛りだくさんの企画。
ランチ会
書き切れないほどの楽しさ。
幸せな疲れだ。
また、家族で来てみたいな。
IMG_2656[1].JPG
 
posted by asti at 00:59| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする